2大タオルブランド

近年のタオル事情

近年は中国や韓国の安いタオルの輸入増加によって市内のタオルメーカーが工場を中国などに移転したり、平成産業(旧昭和産業)などの有力タオルメーカーが倒産、今治織物工業協同組合が解散するなど市内のタオル産業は大きな打撃を受けています。しかし、こうした中で日本国内のタオルメーカーはタオルの高品質化を進めています。中でも2大タオルブランドして有名なのが、今治タオルと泉州タオルです。まずは今治タオルについてご紹介します。

今治タオル

愛媛県の今治市はタオルの産地として有名で、現在では、質量共にタオル日本一を誇り、日本国内はもちろん世界各地で今治タオルは愛用されています。今治タオル産地では品質を確実に保証するため、「四国タオル工業組合」が定める独自の認定基準に合格したものでなければブランドマーク&ロゴの使用を認めていません。

今治タオルの魅力

今治タオルは四国愛媛県北部の地で、百十余年の歴史を刻みつづけてきました。国内最大のタオル産地として、伝統的な製造技術と最新技術を巧みに融合させながら、使い心地を重視したタオルをはじめ、ファッション・インテリア界にも豊富なタオル(パイル)アイテムを提供しています。今治タオルがお届けするのは、気がつけばいつも傍にあるタオル、タオルとともに目覚め潤い眠る、タオルを楽しむライフスタイルです。

今治タオルの始まり

日本一のタオルの生産地であり国内の生産量の5割を占めている今治タオル。1894年に阿部平助が綿ネル機械を改造して、タオルの製造を開始したのが始まりだといわれています。

今治タオルの歴史

なぜ今治にタオル産業が発達したのでしょうか?

  • 明治27年・・・阿部平助氏が綿ネル機械を改造して、タオルの製造を開始したことから今治タオルの歴史は始まります。
  • 明治43年・・・麓常三郎氏によりタオルを同時に二列織る機械が考案され、大正元年には中村忠左衛門氏により大衆向けのタオルが開発されました。
  • 大正13年頃・・・愛媛県工業講習所(現愛媛県産業技術研究所繊維産業技術センター)の技師であった菅原氏の指導により、高級なジャカード織りの今治タオルが生産されるようになりました。

今治タオルのブランド確立

今治のタオルは、その生産額(出荷額)においては泉佐野を大きく引き離し日本一のタオル産地として君臨しています。今治地区内のタオル生産数量・生産額は90年代後半以降減少していましたが、タオル製造の熟練者を認定する「タオルマイスター制度」の創設やタオルソムリエ資格試験の実施、メディアプロモーションなど今治タオルとしてブランド確立のための取り組みが行われています。こうした取り組みなどの効果もあって2010年以降は増加に転じています。また、経済産業省の「JAPANブランド育成支援事業」に指定されています。

今治タオルと綿

タオルを一番初めに利用する際、皆様一度洗濯してから利用されていませんか?今治タオルは「最初に洗濯しなくても吸水性の良いタオル」として「柔軟剤を使用して洗わないタオル」として、タオル片を水に浮かべ、5秒以内に水に沈むかどうかを「未洗濯」と「3回洗濯」の2回に分けて検査するという独自の品質基準をクリアした商品のみを認定しています。良く水を吸い、使用後にさらっとした感覚が、本当に「使って気持ちの良い」タオルであす。今治タオルの最も大きな特徴である「吸水性」。良く水を吸い良く乾く、タオルの基本を踏まえた上で、綿が本来持っているふわふわな肌触りを引き出す為に、用途・目的を踏まえ、吟味(厳選)した、良質の綿を使用しています。タオルの原材料は当然「綿」ですが、この綿の栽培が古く平安時代から今治地方で盛んであったことが、今日の今治タオル産業の礎となっています。

綿花栽培の歴史

平安時代に外国船が三河の国に漂着し綿花の種が日本に上陸したのが日本での綿花栽培のはじまりとされています。この時の綿花の種は、西日本の温暖な国々(紀伊、伊予、讃岐、阿波、土佐、太宰府など)で栽培されるようになり、その中で、紀伊の泉佐野市と伊予の今治市が日本における2大タオル産地として現在に至っています。

今治タオルの品質の高さ

今治タオルは独自の認定基準を設けて、タオルの品質にこだわりを持っています。今治タオルの品質基準は、タオル片が水中に沈み始めるまでに要する時間(沈降法)が5秒以内。洗わなくても使い始めから水をよく吸います。汗や水分を素早く吸収するので、お風呂上りに体を拭いても汗をぬぐってもべとつかず、お肌にもやさしいのが特徴です。製造工程に0愛情をそそぎ、綿本来の吸水性のある柔らかさを持続させ、洗濯時に柔軟剤を加えなくても痩せて硬くなりにくいタオルづくりを追究しています。

綿の厳選
用途・目的を踏まえ、使い勝手のよいタオルをつくるために、綿を厳選し、その優位性を引き出すために手間暇をかけた糸と生布の晒しや染めを徹底しています。
タオルづくりを支える水
今治のタオルづくりとその品質を支えているのは、良質で豊饒な水資源なのです。絶えることのない良質な水を使い、今治タオル産地の染色技術はハイレベルに向上し、国内最大のタオル産地を形成しました。今治タオル産地には、高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、極めて重金属が少なく硬度成分も低い、晒しや染めに適した良質の水が豊富にあります。この軟水を用いて晒しを行うことで繊維にやさしい仕上がりとなり、繊細かつ柔らかな風合いや鮮やかな色が表現できます。
優しさとぬくもり
今治には昔から人に優しいタオルをつくる文化が今治に根づいています。四国の今治には八十八ケ所の寺を巡る歩き遍路の人々を接待する習慣がありました。自分のものを人のためにさりげなく差し出す気風と風土と伝統が、今治タオルに温もりや安らぎを織りこんでいます。
使い心地
使い心地のよい良質のタオルをつくることにより、安全で安心して使え、かつ環境負荷が少ない、人と地球に配慮したタオルづくりをめざしています。今治タオル産地では、単に見栄えや豪華さを追い求めるタオルづくりをしていません。
品質を保証
今治タオルは、百十余年の歴史を重ねる中で幾多のノウハウを蓄積してきました。素材選びから、織り、染め、後処理に至るまで、卓越した職人技が相互に協働する完結した産地だからこそ、他に真似のできない新しいものづくりが可能となるのです。