泉州タオル

120年の歴史を誇る大阪の【泉州タオル】

明治20年から続く大阪のタオル産地では、吸水性が良く清潔で肌触りも良い後晒タオルの製法を一貫して守り通してきました。日本製でとても「吸水性の良いタオル」、それが【泉州タオル】です。

泉州タオルの特徴

当初は、肌触りがよく保温性・通気性に優れていたこと、当時は高価であったことなどから、主に襟巻として用いられていました。和泉山脈の豊富な水源に支えられ伝統の後晒製法により仕上げられるタオルは独特の心地よい風合いと高い吸水性が特徴です。タオル業界では、安価な海外製品の影響により苦境に立たされていましたが、泉州タオルは薬品をほとんど使わないタオルを製品化するなどの改良を重ね、品質の高さから企業の贈答品向けの生産などが増えています。

泉州タオルの工法~後晒し(あとざらし)工法~

一般的なタオルの製造過程では、糸切れやすべりをよくするなどタオルを織りやすくするために、ノリやロウをつけて強さを増した綿糸を使います。このノリやロウ、綿糸にもともと付着している油分や不純物をきれいに全て取り除くには、漂白・水洗いする「さらし」の工程が必要とされますが、泉州タオルの製造工程ではさらしをタオルを織り上げた後で行っています。そのため、一般のタオルに比べ、繊維の吸水性や通気性が優れており、肌ざわりが良くなるのです。

泉州タオルの歴史

泉佐野のタオルは明治中期に盛んに行われていた白木綿の生産が衰退をし始めたころ、白木綿で力を蓄えた生産業者が中心となって日本独自のタオル生産方法を開発していきました。江戸時代には、この地方で木綿織物が盛んになりこの地方でとれた綿花から作る木綿織物は和泉木綿と呼ばれ、後の白木綿へと発展していくことになります。

泉州タオルの発展

愛媛県の今治市と同じように、大阪泉佐野市のタオル産業も平安時代から綿花の栽培が盛んであったことから始まっています。

  • 1885年・・・明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井(にいい)末吉は、入手したドイツ製タオルを見て、これを浴用手拭に用いるならば、大いに需要を喚起し得ると考え、小学校時代の同窓生であり、佐野村で白木綿を織っている里井圓治朗に、その製織の研究を奨めたのが始まりです。里井もまた、そのタオル地の柔らかな肌触りが浴用手拭に最適であると考え、従来の日本手拭に代わるべきものとしてタオルをとらえ、製織の研究に没頭しました。 そして、遂に明治20年、手動式ではしたが、筬打ちの特殊運動(テリーモーション)によって輪奈をつくる方法に成功したのです。
  • 1887年・・・泉佐野市の白木綿業者であった里井圓治郎は明治20年に筬「おさ」のテリーモーションを利用して輪奈(パイル)をつくる「打出機」を考案してタオル製織に成功し次いで、泉州タオルの最大の特徴である、後晒タオルの生産方法が確立してから和泉佐野は日本のタオル産業の発祥の地として発展してきました。
  • 1906年・・・タオル同業者25名が集まり、タオルの発明者である里井圓治郎が初代会長となった「佐野タオル共同会」が発足しました。
  • 1928年・・・タオル同業者75名の同意を得て、8月に「佐野タオル工業組合」が設立認可を得ます。
  • 1952年・・・「特定中小企業の安定に関する臨時措置法」の施行で、タオルは指定業種に認定される。ただちに生産調整の為の組合設置の運動が起き、「大阪タオル調整組合」が認可されました。
  • 1958年・・・「大阪タオル工業組合」に名称が変更されました。
  • 1977年・・・大阪タオル振興協議会が設立されました。関係市町(泉佐野市・熊取町・泉南市)・泉佐野技術センター・商工会議所・商工会・関連加工業・関係諸団体と大阪タオル工業組合が一体となり、産地振興・発展を進めています。
  • 1989年・・・タオル王国OSAKAが設立されました。産地マークとして商標登録も行いました。
  • 1993年・・・産地事業として、メーカーと関連加工企業、外部デザイナーや研究機関との連携により、泉州タオル産地独自の企画商品の開発を目指した研究開発を実施しています。
  • 2006年・・・大阪府下では初となる、JAPANブランド育成支援事業の認定を受けました。