タオルを使った健康法

【乾布摩擦】

乾布摩擦とは肌を乾いたタオルなどで直接こする健康法のことなのですが、自律神経のバランスを整えて免疫力を強化するといわれています。おじいちゃんが裸に手ぬぐいを持って庭先で乾布摩擦をしているイメージがありますが、私のおじいちゃんもやっていました(笑)風邪の予防にもなるといわれていることから、小・中学校や幼稚園、老人福祉施設などでは健康のために乾布摩擦を行わうこともあるそうです。乾布摩擦は特別な器具を用いないため、広く民間療法として知られ、日本や北欧などで行われている。アーユルヴェーダのガルシャナ(サンスクリット語で「摩擦」)が起源との説もあり、それによれば絹製品を用いると特に効果が高いとも言われているそうですよ。また、寒さに負けない気合と、皮膚や体を鍛えることも兼ねています。

乾布摩擦のススメ

本来、人の身体は、皮膚に近い身体の表面を流れる毛細血管が、気温に応じて拡張したり収縮したりして血流量を調節することによって、体温を調節しています。しかし、現代社会で生活する人たちは、夏はクーラー、冬は暖房の効いた室内で生活することが多くなりました。空調の効いた環境で生活するなかで、体温調節機能が鈍くなる傾向があります。急激な気温や室温の変化により、自律神経も乱れがちに。上着を着ている上半身は温まっているけど、下半身や内臓は冷えたまま、という状況が起こりやすくなっています。「冷え」は万病のもと。乾布摩擦には自律神経の働きを高めることで、体温調節機能を整え、「冷え」を改善するはたらきがあるとして、近年見直されてきています。

乾布摩擦の必要性

通常人間の体は、寒い場所に行くと、体を冷やさないようにするため、毛細血管がギュっと細くなります。逆に暖かい場所に行けばゆるむ。このように人体は血管をコントロールし、血の巡りを良くしているんです。しかし現代人は、冬は暖房、夏は冷房といった状況が多いため、本来人体が行う体温調節ができなくなっています。すると『寒い』と思って上着を着ると、下半身や手足が温まっていないのに、脳が『全身が温まった』と勘違いを起こしてしまいます。体は温かくなって頭はボーッとするのに、全身は冷えたまま。そうなると、内臓や関節が冷え、万病の元となるんです。ですから、全身に刺激を与え、血行を良くする必要があります。本当は毎日適度な運動をするのが一番ですが、できないので、乾布摩擦で肌に直接刺激を与えるのが効果的だといわれています。

乾布摩擦を行う時間

乾布摩擦は朝にするのが効果的といいますが、お風呂の前などでも大丈夫です。柔らかいタオルや布でこすり過ぎないように行うのがポイントになります。型にとらわれず、全身をくまなく刺激出来れば大丈夫です。しばらくすると身体があたたまり、血行が良くなっていることを感じるでしょう。

乾布摩擦のやり方

では正しい乾布摩擦方法とは?やり方は簡単。下着やTシャツなどを着たままでも問題はありません。毎日10分ほどで風邪をひきにくくなるのだとか。

上半身編

心臓から遠いところから、手→腕→顔→首→肩→胸→おなか→背中と10~20回程度、上下や円を描きながらこすります。

腕こすり
右手にたたんだタオルを持ち、左腕の外側を肩から手首まで上下に10往復強くこすり、内側も上下に10往復弱くこする。左手にタオルを持ち、右腕も同様にこする。
首すじこすり
タオルを首にかけて両手でタオルの両端を持ち、首の後ろ側をこする。両手を上下に動かしながら引っ張り合うように10往復強くこする。
胸こすり
左手にたたんだタオルを持ち、胸を右側、中央、左側の順に、上下に10往復ずつ弱くこする。
腹こすり
右手にたたんだタオルを持ち、へそから腹の外側に向かって徐々に円が大きくなるように、時計とは逆回りに10回転弱くこする。次に、腹の外側からへそに向かって徐々に円が小さくなるよう、時計回りに10回転弱くこする。
背中こすり
両手でタオルの両端を持ち、背中を斜めにこする。右手は右肩の斜め上、左手は腰の左斜め下にくるようにして、背中を上下に10往復強くこする。左右を逆にして,同様にこする。次に背骨のくぼみに沿うように縦にこする。右手でタオルの上端、左手でタオルの下端を持ち、上下に10往復強くこする。

下半身編

乾布摩擦というと、上半身裸でたすき掛けをしている絵しか浮かばなかったのですが、実は下半身もするようです。こちらも心臓から遠い足先→ふくらはぎ→すね→太もも→お尻→腰などの順番です。

足の甲こすり
右ひざを立てて座り、両手にたたんだタオルを持ち、右足の甲をこする。足首から足の指先まで10往復強くこする。左足も同様にこする。
足の裏こすり
座ったまま左手にたたんだタオルを持ち、右足の足の裏をこする。かかとから足の指先まで10往復弱くこする。右手にタオルを持ち、左足も同様にこする。
すねこすり
右手にたたんだタオルを持ち、右足のひざから足首までの前側を上下に10往復強くこすり、後ろ側も上下に10往復弱くこする。左手にタオルを持ち、左足も同様にこする。
ももこすり
右手にたたんだタオルを持ち、右足のつけ根からひざまでの前側を上下に10往復強くこすり、後ろ側も上下に10往復弱くこする。左手にタオルを持ち、左足も同様にこする。

【しぼりタオル健康法】

しぼりタオル健康法は、京都大学名誉教授・日本生活医学研究所長の川畑愛義先生が考案されたものです。冷水に浸してから、かたく絞ったタオルで皮膚を反復刺激して寒冷と摩擦の相乗作用により、身体の諸器官に活力を与え、全身の抵抗力を高める自力健康法です。

しぼりタオル健康法の効果

往復摩擦により、動脈と静脈が同時に活性化して大脳への血液増加を促し、頭もすっきりさせます。身体もすがすがしい感触を伴い、毎日実行を重ねていくうちに満足感と達成感により自分に自信が持てるようになり、心身共にたくましくなれます。

しぼりタオル健康法のやり方

このタオル健康法のフルコースに要する時間はたった3分で、起床直後と入浴後の一日2回行うと効果的です。

  • 上半身裸になり、姿勢を正して下腹部に力を入れて直立します。
  • 各部の外側は強く、内側は弱く、各10回くらいリズミカルに往復摩擦します。
  • 摩擦する順序は、上肢→下肢→背中→胸部(回転摩擦)→首の順で摩擦します。

しぼりタオル健康法の効果

しぼりタオル健康法は、朝起きてすぐ行うと、眠っていた体の細胞が生き返り、体がシャンとして,規則正しい生活のスタートになります。毎日続けると明るくなり、前向きの考えができるようになります。

  • 刺激が脳に伝わり、神経、ホルモン、内臓を活性化します。
  • 自律神経の調子を整え、アレルギー、頭痛、かぜ、胃病等、体のさまざまな不調が良くなります。
  • 皮膚の冷点神経に刺激を与えるため、温度差に強くなり、かぜをひきにくくします。
  • しわを少なくし、皮膚をツヤツヤさせる美容面でも効果があります。
  • 大脳の細胞を生き生きと活性化させ、頭をすっきりさせます。
  • 無気力、イライラ、気分が晴れない等をなくします。
  • 頭の回転がよくなり、物忘れをしなくなったという声もあります。

注意

急性の病気や、特に熱があるときは無理をしないことが大切です。また、全身性の湿疹等がでている人、アトピー性皮膚炎のひどいときも避けましょう。心配なことがある人は事前に医師に相談しましょう。