タオルの洗濯方法

タオルの洗濯ポイント

ふわふわのタオルは、使っていて気持ちが良いものですよね。でも、長く使ってるとゴワゴワになってしまいます。毛羽に関してはまずは洗濯しましょう。最初2~3回の洗濯でほぼなくなると思いますよ。また、はじめのうちはタオル繊維の表面などについた細かい毛羽がでていることかと思います。同じように洗濯しても、ちょっとしたことでタオルの仕上がりに差が出ます。ふわふわに仕上げるために、ゴワゴワ対策ワザを覚えておきましょう。

ゴワゴワの原因はパイル糸のよじれ

綿糸に含まれている油脂分と蝋質
一般的なタオル生地は、洗濯し乾燥する毎に、パイル糸のよじれが少しずつ強まりかたくなっていきます。綿糸や生地を晒した(精練漂白した)時点で、綿糸に含まれている油脂分と蝋質が程よく残されているかどうかによって、生地が硬くなるスピードが左右されると言われています。
パイル糸の撚りの強さ
糸の根本をグリップした状態で織られるパイルの糸は、洗濯し乾燥する毎に、少しずつよじれが強まりかたくなっていきます。相対的に、撚りの強い糸を使用したタオル地はこのスピードが速く、撚りの遅い糸を使用したタオル地はこのスピードが遅くなりますので、パイル糸に撚りの強い糸を使用したタオル生は硬くなりやすく、撚りの甘い糸を使用したタオルは硬くなりにくいと言われています。

洗濯の仕方

洗濯し乾燥する都度、次の点に配慮すると、購入されたタオルが本来持っているふわふわの肌触りを楽しめます。

洗う時のポイント

ネットに入れる
一般的にタオルは丸洗いの洗濯にも耐えられますが、薄物や特殊な付属品などがあるタオルに関しては、ネットに入れて洗濯するかドライクリーニングをオススメします。
蛍光染料無添加中性洗剤を使う
蛍光染料無添加の中性洗剤を使いましょう。タオルの色によっては蛍光染料により変化することがあります。
塩素系漂白剤と、塩素に注意
色物のタオルを塩素系漂白剤で処理したり、水道水を長時間流し放しにしての水洗いは避けましょう。水道水の塩素が累積作用して、色退色させることがあります。
色ものと白物は分ける
色物と白物は区別しましょう。せっかくの真っ白なタオルが色物からの色移りがする場合があります。特に黒・紺・赤・エンジ系の特に濃色は、液汚れを起こすこともあります。汚れた液での長時間の放置には気をつけましょう。
柔軟剤を避ける
タオルの使用頻度は高く、使っているうちに硬くなりますが、その時に柔軟剤を投与されますと一旦は柔らかさを保つことができますが、はじめだけです。また、柔軟剤はタオルに生地を傷めたり毛羽を発生原因にもなります。
ゆっくりゆすぐ
ループとループがからまりよじれた状態で洗濯すすぎがされないため、パイル抜け・毛羽落ちを軽減する効果もあります。

干し方のポイント

風通しのよい場所に干す
タオルを干す時は、洗濯後、形を整えたうえで、風通しのよい場所にて陰干ししましょう、日当たりより、風通しを意識して干してください。
パイルを開きながら干す
脱水後のタオルを干す前に、パイルが輪(ループ)になっている方向からタオルの端を持って、パタパタと振ってパイルをほぐして干しましょう。ループがよじれるのを軽減する効果があります。四方にやさしく引っ張りパンパンと両手でパイルを開く意識でゆがみをなくすのも大切です。

乾燥機のポイント

ホテルで使うようなふわふわのタオルにしたいのであれば、電気代はかかりますが、乾燥機にかけましょう。5~10分ほど乾燥機に入れると、ふんわりとしたタオルのできあがりです。コツとして、乾燥機を使うなら、乾燥後はすぐに取り出すこと。また、乾燥機は作用が強すぎて過剰収縮を招くこともあるので、ご使用の洗濯機の使用上の注意をよく読みましょう。

タオルがゴワゴワになる原因と対策

タオルは少しでもふんわり感を長持ちさせて、大切に使いたいですよね。逆にゴワゴワに硬くなるのはなぜでしょうか?ここでは、タオルがゴワゴワになる原因と対策をご紹介します。

【干し過ぎ・乾燥させすぎ)】

通常、繊維はある程度の水分を含んでいるものですが、例えば夏の暑い日や冬の乾燥した日に直射日光で長時間干しっぱなしにすると、水分が減りすぎて繊維が固く感じられ、吸水性能はUPしていても肌触りはゴワゴワと硬くなります。

対策

  • 陰干しにすること。
  • 乾きやすい時期は長時間干しっぱなしにしないこと。例えば晴天時ならバスタオルは3時間前後で乾きます。

【洗剤が溶け残っている】

洗濯の時、最後のすすぎの後も繊維に残る洗剤の溶け残りが、乾いて繊維がほどよく立ち上がるのを妨害してしまうのも一因。かといってすすぎ回数を増やしても繊維の傷みが先に立って逆効果です。ある程度残るのは仕方のないことなので最小限に抑えることが大事です。

対策

  • 汚れているからと洗剤を増やしても効果は上がらず溶け残りが付着するだけ。環境へも悪影響です。洗剤のパッケージに書かれている使用量を守りましょう。
  • 洗濯に使う水をぬるま湯にしたり、寒い時期に水道水と粉末洗剤を使うなら、ぬるま湯で溶かしてから洗濯機に入れましょう。

【ドラム式洗濯機+自然乾燥】

全自動で洗濯後に乾燥機を使う場合なら熱風で寝た繊維を起こしてくれるのでふんわりしますが、ドラム式洗濯機は叩き洗いという特徴から、自然乾燥(干す)にすると固くなります。特にタオルはパイル地が寝てしまってゴワゴワになりがちです。

対策

  • ネットに入れて洗う。
  • ドラム式洗濯機なら全自動乾燥機で乾かしましょう。
  • 全自動にしないにしても「乾かし始め」または「ほぼ乾いた時点から30分くらい」を乾燥機にかけましょう。